フォト

建築家&4人のオトンの             「つぶやき」

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2013年2月 8日 (金)

結露しちょらんバイ!(時々筑豊弁)

住育のスペシャリスト・建築家@筑豊/福岡です!

 

昔、むかし、我が家の女子短大生3号が中学2年生の期末試験の直前の事、

めずらしくヤル気満々の「3号」から、

毎晩質問攻めにあっていた(^_^;)

 

 

理科の試験範囲は「気象要素の変化と天気」・・・・

温度や湿度、風といった気候要素と天気の関係を学ぶというものだった。

 

 

 

-------3号 いわく(筑豊弁)-------

飽和水蒸気量(ほうわすじょうきりょう)チャなんかい?

-------ここまで-------

 

 

-------住育のスペシャリスト・建築家 答えていわく(筑豊弁)-------

空気中に含まれる湯気(水蒸気)の量が「水蒸気量」タイ!

ギリギリまで含まれる湯気の限界の量が「飽和水蒸気量」ッチいうんタイ!

「飽和水蒸気量」は温度が低くなるほど少なくなり、

限界を超えた水蒸気は水にモドロウとするんヨ

朝起きたとき窓に、水滴がついチョロウが!

あれが飽和水蒸気量を超えた水蒸気が水に戻ったンタイ!

-------ここまで-------

 

 

その後、結露対策のなるほどブログ、kumiさんが発信する

「カビ・結露はもう怖くない!!・・・はず。」(ココをクリック!) 

を読んで「結露対策」をわかりやすく説明する術を知った

「住育のスペシャリスト」が延々と「結露対策のウンチク」を

述べたことは言うまでもない。

 

 

 

-------その結果-------

 

 

0603131

毎朝、水滴だらけの窓が

 

 

 

 

 

今朝はと言うと

 

 

R0010624 結露しちょらんバイ!

 

 

 

 

 

 

-------3号 いわく(筑豊弁)-------

昨日、寝る前、風呂アガッタばっかりでアツかったキ、

窓をアケちょっタ!

-------ここまで-------

 

 

-------住育のスペシャリスト・建築家 いわく-------

なるほど!

-------ここまで-------

 

 

しかし、試験の結果は・・・・・・・(T_T)

2012年9月 9日 (日)

「こしつ」は「コシツ」?

住育のスペシャリスト★建築家@福岡です!

  「こしつ」は「コシツ」
かなり以前、「ブログ」か「住宅雑誌」で目にした言葉です・・・・・

それ以来、住育のスペシャリスト★建築家/黒土敏彦が お客様と会話するときに

必ず出てくるフレーズです。

漢字で表すと「個室」は「子失」

子ども達にそれぞれ「個室」を与えることにより、

家族間の「ふれあい」が、だんだん希薄になり、

「子ども(との大切な時間)」を失いかねません・・・・・という意味です。

Kuro003入居後11年目になる、

我が家(写真)は、

「個室は子失」という言葉を「コンセプト」の

ひとつとして設計しました。

 

「どういう事?」と興味のある方は、

以前、妻がつづった

ブログ(ココをクリック)をご覧ください!

 

というわけで、住育のスペシャリスト★建築家/黒土敏彦 の設計する「すまい」には、

子供用「スペース」はあっても子供用「個室」はめったに登場しません。

2011年9月11日 (日)

花橤花橤花

納得いくまで何度も設計(^-^)/
建築家★兼業主夫@福岡/筑豊です(^_^)

狭小地に建つ我が家は駐車スペース等、周りは全てコンクリートで、庭が全くありません(^_^;)

そこで、我が家の主婦(夫)仲間「お花大好き◆兼業主婦」は、玄関先や駐車スペースの片隅に、プランターを並べています(^_^)

今朝も、花に水をやり、プランターをあっちにこっちに移動していました。

1315698380675.jpg

1315698392151.jpg


おかげさまで、我が家は、花橤花橤花いっぱいで、
とても賑やかです(^_^)

1315698396512.jpg

1315698402480.jpg
今日も、一生懸命に咲く、ポーチュラカ

2010年6月24日 (木)

頑張りヨウね(^_^;)ガーデニング

昼メシを食べに家に戻ったら、兼業主婦(夫)仲間の

tulipお花大好き◆兼業主婦tulip

一生懸命に花の世話をしょったチャね(^o^)/

頑張りヨウね(^_^;)ガーデニング 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげでドンドンキレイになりようバイo(^-^)o頑張りヨウね(^_^;)ガーデニング

2008年3月10日 (月)

暗い部屋はイヤダ!

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

建築家★兼業主夫が設計作業をする中で、

「建て主」と「御家族」に書いていただく

「希望・要望なんでも記入メモ」を拝見すると

 

 

「明るい部屋がイイ!」 とのご要望を

目にすることが多い。

 

 

「分離発注」で施工した、建築家★兼業主夫の自宅の設計時にも、

兼業主婦(夫)仲間の「お花大好き◆専業主婦」から

「とにかく明るい部屋がイイ!」との要望を受けマシタ。 

 

 

そこで、通常の窓の他に、壁の上部に採光窓を設置することにした。

R0010747_2 

トップサイドライトを設置するだけでも、けっこう室内が明るくなりマス。

 

 

しかし、「間取り」や「屋根の形」によっては、

トップサイドライトを設けられない場合がありますヨネ・・・・・・・

そうした場合は「天窓」を設け、室内に自然光を取り入れる工夫をしマス。

  

 

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡の自宅では、

「スカイライトチューブ」(ココをクリック!)という

「太陽光照明」を設置しまシタ。

R0010741

「スカイライトチューブ」は通常の「天窓」と違い、

太陽の光が「金属チューブ」内を乱反射しながら「ふりそそぐ」ため、

直射日光とは別の、とても「やわらかい光」となります。

R0010743

上の写真のように、室内を締め切った状態でも、

「やわらかな日差し」が降り注ぎマス・・・・・・・

また、長さ3.2mの金属チューブがありますので、

なんと!「2階建」の「1階部分」まで、

直接「自然光」を取り入れることのできる

なかなかの「優れもの」です・・・・・・・

 

2008年2月17日 (日)

極寒の冬こそ「せんぷうき」くさ!

主婦(夫)仲間の皆さん!どうしようね!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡タイ!(今日は筑豊弁で書くバイ!)

毎日、寒い日が続きよんね・・・・・・・・

 

 

我が家は、結露対策の一環として、

水蒸気を発生する「石油ファンヒーター」や「石油ストーブ」は使ワンで、

ドゲンしても寒くて我慢デキンときは「エアコン」で暖房をしようチャ。

 

 

しかし、天井の高い部屋では、エアコン暖房だけでは、

ヌクい空気が上へ行ってしもうて、

「足元が寒い」チいうことがあるッチャネ。

 

 

 

R0010619 そこで、活躍スルンが 

天井扇風機(シーリングファン)タイ!

(写真:我が家の居間で大活躍のシーリングファン)

 

 

我が家では、エアコンで少し部屋がヌクくなると、

すぐにシーリングファンのスイッチを入れるッチャ。

すると、上に溜まったヌクい空気が下りてきて、

足元もヌクなるチャね。

また、空気が動くケン、結露対策にも なっチョーと思うバイ。

 

 

実は、意外にも「夏場」ヨカ、極寒のこの時期のホーが

「シーリングファン」が大活躍しようチャネ。

 

 

「家づくり」をする時、 「吹き抜け」 等を設け 天井を高く スルンやったら、

暖房の方法にもヨルケンが、

「シーリングファン」を設置 したほうがイイと思うバイ!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ